スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SWAN MAGAGINE』って雑誌凄いですよ。

2005年10月20日 01:03

そういや、この間の月曜に折角梅田まで出たし~と思って、でかい本屋さんをうろちょろ。
バレエの本で何か卒論に使えそうないいヤツないかなーって演劇コーナー行ったら。
こんなのあった。


有吉 京子, 嶽本 野ばら, 新藤 弘子, 守山 実花 / 平凡社(2005/09/06)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:
すごく楽しみです!!
待ちかねた新作!これからの展開に期待!



かなりびっくり。相当テンション上がりました(笑)
かつて私が生まれる前に『SWAN』って言うバレエ漫画があって。それが、かなりしっかりしたバレエ漫画なんだけど。
(何がしっかりしてるかって、主人公が《眠れる森の美女》とか《白鳥の湖》とかそういうクラシック・バレエの世界から、順番にモダン・バレエの世界へと、バレエの歴史に沿って成長していくトコだと思う……)
ちなみに、コレ。


有吉 京子 / 秋田書店(1995/09)
Amazonランキング:16,696位
Amazonおすすめ度:



文庫本なので、もともとはもっと古い漫画みたぃです。1巻の初版が1977年!?古っ
文庫本は実家にあるんだけど、確か古本屋さんで買ったような……

さて、この前本屋で偶然見つけた『SWAN MAGAZINE』はこの『SWAN』についての雑誌?なのかな?
なんか、色々なひとが『SWAN』について語ってましたけど。バレエダンサー上野水香さんのインタビューとかも。
『SWAN』の続きっつーか、最近漫画界で流行ってる「次世代編」の『Maia』が載ってるのですよ~続きが凄く楽しみなのです。ちゃんと考証してくれる作家さんなので。楽しみですねぇ。
……て言うか『SWAN』の主人公の名前も、私的なパートナーが誰なのかも、すっかり忘れてましたが――(笑)

ブログで本紹介も面白いんかも……

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。